さすがは世界を代表するダンディのお店。
メニューがとてもシンプルです。

どうやら店内は禁煙の様子。ピーナッツの味や匂いを重視しているのかもしれませんね。

しかもおすすめがスマイル(笑顔)。おすすめなのに1円!?カフェと名乗っているのに、ビールしかないの?…どうやら商才はないみたいですね。しかし、ダンディことミスターピーナッツ氏のことです。自分自身のお店のことより、 来てくれた人の笑顔を大切にしたいのだと想像がつきます。

ちなみにこの「ミスターピーナッツ・カフェ」は女性に限り無料だそうです。

さ、さすがはダンディ!潰れるなんて恐くない!




噂のミスターピーナッツ・カフェのチラシです。郵便ポストに入っていた方も多いのではないでしょうか?

えっと、住所に不確定要素がありますね。どうやら運が良かったら見つけることができるみたいです。

私の場合は、何気なく振り向いたらさっきまでなかったはずのお店が、「そこにあった」という感じで発見しました。

注意の部分にとても気になる表記がありますよね。
「写真の食べ物が置いてあるとは限りません」

メニュー表を見る限り、絶対にありませんよね。


ミスターピーナッツ氏に懇願されたため作った彼の名刺です。

聞いた話によると、実はTellに関しては電話を止められ、Mailに関してはお金に困ってパソコンを売却したそうです。

そんな崖っぷちのミスターピーナッツ・カフェの巻き返しはこれからあるのか、ないのか。ピーナッツの神のみぞ知っているのでしょうね。


ミスターピーナッツ・カフェ内で限定発売されているマグカップが、二種類あります。各700円。
副産物を売ることで、上手く儲けようとしている戦略ですね。