私が趣味で作っているミニチュア模型に、Mr.Peanutを配置してみました。
ロサンゼルスをイメージして作った模型です。

ミスターピーナッツが何をしているか?
私が思うに交通整理です。でも、運転しながら上向いたら危険ですよね。

タイトルをつけるなら「大迷惑、ミスターピーナッツ」。

たまには自然に癒されよう…

そう考えてハイキングに行ったら、ミスターピーナッツが登場。
お弁当の半分、お菓子の半分は食べられてしまう覚悟が必要です。

タイトルは「カロリーオフ、ミスターピーナッツ」。

テーマは、ミスターピーナッツの郵便配達です。

屋根から屋根へと飛び移りながら、郵便物をお届けに参ります。
荷物はもちろん屋根の上。苦情殺到。大人には不人気、子供には大人気。

タイトルは「ライバルはサンタクロース、反撃はこれからだミスターピーナッツ」。


さて、これらを見て「本当にミニチュアなの?すご~い」と思った貴方は、
何て純粋なのでしょうか…。

フリーの写真を加工してそれっぽく見せただけなのです。私の性格は悪いのです。
「最初からミニチュアに見えないよ」と思った貴方には
「プーナッツの技術こそがミニチュアで賞」を差し上げます。

さてさて、達人の方はミニチュア模型のように見せるために、
チルトシフト・レンズを使って撮るとか。
果てしなくアマの私は、ただ単に上下をぼかし…ふふ。

ミニチュアのように被写体を撮ることで有名な写真家としては、
本城 直季(ほんじょう なおき)氏が挙げられます。(公式サイト:本城直季 NAOKI HONJO
彼の撮った写真集も何冊か発売されていますね(Amazon,楽天BOOKS)。
【チルトシフト・レンズ(ティルトシフトレンズ)とは】
アオリ撮影を可能にし、ピントやパースを意図的にずらすことで、被写体をミニチュア風の遠景として撮影することができるカメラのレンズのこと。

建築用の正式なものだと、数十万円することもある高価なレンズです。